2018年03月14日

窓辺で日向ぼっこ

野乃花のレストランは大きめの窓ガラス越しに春の日差しがいっぱい差し込んできます
緑の観葉植物が気持ちよさそうに日向ぼっこをしています
見ているだけでこちらもポカポカと暖かい気持ちになってきます
ここにも春が訪れようとしています
昨日のお客様はポカポカの陽気の中ランチでお腹もいっぱいになり眠くなりますと言っていましたが全くその通りである
髭のマスターも午前中の草取りで日差しをいっぱいに浴びたせいか昼寝をしてしまいました
夜は別府市民劇場の日なので夜のお芝居に備えて体力温存といった具合である
部屋の中は緑が一杯1.jpg部屋の中は緑が一杯2.jpg
今回の市民劇場は劇団文化座による『三婆』である
原作は紀ノ川、出雲の阿国、恍惚の人、複合汚染で有名なあの有吉佐和子さん
三婆は映画化やテレビ、舞台で繰り返されているが髭のマスターは舞台で見るのは初めてである
正妻のかぼちゃ婆に佐々木愛さん、主人の妹電気クラゲ婆に有賀ひろみさん、妾のきつね婆に阿部敦子さんのそれぞれ個性の強い三婆が一つ屋根の下で火花を散らしながら老いや生きることに笑いと涙で考えさせられます
東京オリンピックの開催された頃には60過ぎたら立派な爺、婆だったのですね
ということは65歳の髭のマスターはその上をいっているわけですから医学の進歩はすごいですね
現在人は三婆のように強い生き方ができるのであろうか?
自分勝手に生きているようで自分なりの方法で周囲にもちゃんと気をつかうことが出来るのは昭和の人だからであろうか
現在人はただ単に自分勝手に生きることを主張するだけの寂しい老後人生を過ごしているのではないだろうか
そういうことを笑いと涙の中に考えさせられたお芝居でした
posted by オーナー at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

春の鉢植えをしました

春の花を少し植えてみました
本当は直植えをしたいのですが霜と寒さ、それに鹿の被害が100%あり諦めています
花の苗を買うときにも『鹿の餌を頂戴』といって行きつけの花屋さんに笑われてしまいました
がそれほど笑うことでもないのです
特にアネモネやビオラは良い匂いがするのか彼らの大好物のようです
ビオラは何ケースかかって直植えをしていたのですがここ数年は1ケースくらいです
数日前より玄関でお客様をお出迎えしています
皆さんしばし立ち止まって小さな春を楽しんでレストランへ入って見えられます
もちろん夜は玄関の中へ移動させます
アネモネ2018.jpgビオラ2018.jpg
今日も午前中庭の手入れをしました
少し厚手の服を着ていたら汗ばむくらいに暖かな1日でした
水仙やクリスマスローズ、キバナカタクリの芽が元気よく伸び始めています
野乃花菜園はまだまだプランターですがレタス2種類、パセリ、ルッコラ水菜を植えました
こちらも収穫が楽しみです
posted by オーナー at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

なごり雪・・・2018・3月

♫汽車を待つ君の横で・・・・先日の雪で由布岳は今日も真っ白です
まだ3月中旬なのでなごり雪というには早すぎるかもしれませんがそれでも景色はすでに春
庭の手入れも少しずつ捗っています
今年は水仙の芽があちらこちらに出ておりこれから花が咲くのが楽しみである
またクリスマスローズの花もそろそろ咲き始め昨年の実生をポットにとって来年に備えています
この花のない時期に重宝する寒さにとても強い花である
なごり雪2018・1.jpgなごり雪2018・2.jpg
花といえば桜ですね
昨日ランチにお越しの別府のお客様が明礬の早咲きの桜が五分咲きでしたとおっしゃっていました
そろそろ桜の花の季節が到来しますね
塚原高原は平地よりもやや遅れ気味ですのでもう少し時間がかかりそうですが・・・
それでも今から待ち遠しいですね
今年はお花見弁当を計画しています(前日までの予約が必要です)
是非野乃花へお花見にいらっしゃいませんか
一杯と思っていらっしゃる方はお泊りでいらしてください
MASATOシェフが今から計画しているようです
posted by オーナー at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

外国の歌???

ぽかぽか陽気の本日、暖かさに誘われるままにカメラ片手に庭に出てみた
山茱萸のあたりがなんとなく黄色がかっているではないか
???もしかして山茱萸の花が咲いているのと思って近づいてみるとやはりそうであった
三月に入って比較的暖かな日が多くそのために一気に咲いたのであろう
途端に嬉しくなってカメラを覗き込みながら『庭の山茱萸の木〜ぃ♫』と鼻歌交じりに歌っていたら後ろから急に『その歌なんの歌だったか?』とお年寄りに声をかけられた 『え〜?』と思いながらついつい『遠い外国の歌!』と答えると『あ〜、そうな、わたしゃひえつき節かと思った』と不思議そうにこっちを見ているではないか 『しっちょるじゃないですか!』と思いながら再び花の写真を撮ろうとしたら『後ろから、庭の山茱萸の木〜ぃ、鳴る鈴かけて〜ぇ♫』と挑戦するような歌い声が聞こえてきた そのあとしびれるようなつぶやき・・・・『外国にもひえつき節があるんじゃろうか?』・・・と。ということは髭のマスターの音程が外れまくってひえつき節のようなそうじゃないような歌に聞こえていたのであろう シャッターを押しながら『正調ひえつき節を知らんのな?』と正調ひえつき節がどんなものかも知らないくせに答えると『正調も外国のひえつき節も知らん!』と笑いながらお答えになられた さすがに年の功、一枚人間が上手なようでした 髭のマスターも笑いながら『ばあちゃん、耳の医者に行ったほうがいいで』というと『わたしゃ耳だけはいいで』と鸚鵡返しに答えが返ってくる 『わかった、わかった、もうちょっと練習しておくけん、ばあちゃんも少し性格直したほうがいいで!』と答える髭のマスター 『へい、わかった!次から下手くそやなぁとはっきり言うことにする』とばあちゃんは山茱萸の花を見入っていた 考えてみるにこちらも65歳、十分爺ちゃんである もしかしてこのばあちゃん髭のマスターとあまり変わらない年だったりして・・・そりゃぁ、ちょっと悪かったかな?今更お嬢さんなんて言われんし、、、
2018さんしゅ1.jpg2018さんしゅ2.jpg
あけみシェフももう少し年を重ねるとこんな風になるのであろう・・・
もしかしてあの昔のお嬢さんもひえつき節にこだわるところを見ると宮崎の出身だったりして・・・
因みにあけみシェフは宮崎と大分のハーフである
クワバラ、クワバラ
posted by オーナー at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

リズお嬢様の独り言

今朝は朝から小雪がちらついている野乃花ですワン
薄っすらと雪化粧もまた良いものですねワン
私も年頃ですので少しお化粧などお洒落をと思っているのですがこの寒さじゃシャンプーも出来ずに思いっきり犬臭いですワン
先日もイケメンのお兄さんが『可愛い!』といって頭を撫で撫でしてくれたのですがその後『臭い!』と思いっきり言われてしまいましたワン
シャネルNO5か何か香水でもつけてみようかしらワン
香水の良い匂いと犬臭い匂いが入り混じって夏日の満員電車のような複雑な臭いになってかえって嫌かもねワン
最近のリズム2018・3.jpg
また、ある時には美人のお姉さんに『もう老犬ですか』と言われてショックでしたワン
追い打ちをかけるようにお父さんの『5歳です』の答えが『え〜!老けて見えるね』だってワン
私も『あんた目が悪いんじゃない!』と言い返したかったのですがお客様ですのでじ〜と我慢しましたワン
偉いでしょうワン

早く暖かくならないかなぁワン
そうしたらシャンプーしてとびっきりの美人に変身できるのになぁワン
綺麗になった私に会いに来てねワン

そう言いながら大鼾で寝ているリズの寝言、独り言でしたワン

posted by オーナー at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする