2019年01月26日

雪は降る・・・

この冬初めての纏まった積雪となった

朝目覚めた時からなんとなく無音の世界に???
楽しげな鳥の囀りも風の音も何も聞こえない
そのうえに何時もの時間であるのに外がなんとなく明るい気がする
この何と無くが重なると『雪?』かなと思ってカーテンを開けると白銀の世界が広がっていた
今年初めての纏まった積雪
1時間もしないであっという間に10センチくらいになっている
まだまだ降り続いているのでこの後どれくらい積もるのだろうか
午後再度掲載してみようかな
2019初めての積雪.jpg
モノトーンの世界が目の前に広がっています
小鳥のために枝に刺している蜜柑も何時ものような鮮やかなオレンジ色はなく白色に覆われています
風もなく木々の枝にも真っ白な雪が積もってとても神秘的ですね
薪ストーブの薪を一本放り込んでその前の椅子にどっかりと腰を下ろす
本格的な冬をたっぷりと味わおうか!
posted by オーナー at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

川上清美さんの作陶展に行ってきました

福岡三越での川上さんの作陶展に行ってきました
エスカレーターで徐々に近づくと何時ものことのように素敵な器たちがお出迎えです
勿論ご本人もいらっしゃったのですがお客様とお話中であったため作品の所へ直行
今回もため息の連続でした
色々いう前に写真を撮らせていただきましたのでアップします
2019-01-23 18.17.46.jpeg

2019-01-23 18.18.12 HDR.jpeg

2019-01-23 18.18.54.jpeg

2019-01-23 18.17.58.jpeg

2019-01-23 18.17.30.jpeg

                        2019-01-23 18.18.12.jpeg
如何でしょうか
この他にも素敵な器たちが出迎えてくれますよ

作品展は
   福岡三越9階美術画廊
   1月23日(水)〜28日((月)まで開催されています
お時間のある人は是非行かれてみては如何でしょうか

後日送られてくる器たちとのご対面が待ち遠しい髭のマスターである
   
posted by オーナー at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

仏の里にホトケノザ

先日国東半島ぶらり旅に出かけたときのこと
豊後高田市真木の大堂から長安寺に向かう途中で小さな小さな春に出会いました
田んぼの畦道に慎ましく可憐にそしてひっそりと咲いているホトケノザ
仏の里国東六郷満山は開山1300年とか・・・
そんな古よりさらに遥かな時代からこの地にひっそりと咲いていたのだろうかと思うと愛しくてたまりません
国東半島には本物の歴史が多くありますがそれらは人々の生活とともに大切に守られてきた素朴なものが多くありますね
その国指定の多くの重要文化財も魅力的なのでありますが畦道に風化したお地蔵様やその横に寄り添うようにして咲くナズナやホトケノザも負けないくらいに魅力的ですよね 
国東路・ホトケノザ.jpeg
さて、またまた久々の投稿となりました
特に体調が悪いわけではないのですが高原の寒さは厳しくてやはり辛いものがありますね
カメラ片手に庭に出てみる気にもなれずに毎日薪ストーブの前で買いためた本を読み漁りながら火の番をしています
薪が少なくなりますと裏の薪置き場まで取りに行くのさえ辛く感じます
早く暖かくならないかなぁと子供のように春を待ちわびています
そんなわけで気持ち的にも落ち込みがちでパソコンの電源を入れるのさえ億劫になっています
そんな折豊後高田のW氏夫妻がお手製のチーズ、ベーコン、卵の燻製を持ってきてくれました
ピザ窯や燻製機を自分で設計、施工して作ったものだとか・・・
サラダやピザのトッピングにしていただきましたが塩が効いて美味しかったですよ
今度国東に行った時には是非お手製のピザをとリクエストしておきました
いやいやピザを焼くのに合わせて国東半島ぶらり旅なんていいですよね
そんなことを考えていたら寒さくらいに負けてはおられないと闘志が湧いてきました

先ほど読み終えたばかりの『12番目の天使』からも『絶対に諦めない』ということを教えて貰ったばかりですから・・・
特に後半は涙なしでは読めませんでしたが・・・
昨日の全豪オープン錦織選手の4回戦すごかったですよね
5時間5分にも及ぶ熱戦はただただ感動のみでした

そう考えてみると病気だからとか歳だからとか言ってられませんよね
お気に入りのパパスの服を着て颯爽と出かけてみますか!

posted by オーナー at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

早くも春の使者

深夜から雨模様の高原です
一昨日明美シェフが朝からソワソワしています
理由はいつものところにそろそろ蕗の薹が出ているかもしれないと言い出しました
ちょっと早いんじゃない?と思ったのですが午後になってその姿が見えません
おかしいな?と思って軽自動車を見るとその姿もありません
やはりいてもたってもおられずに蕗の薹を採りに出かけたようです
夕刻少し前になって意気揚々と引き上げてくる明美シェフの姿があります
もちろんあの表情から判断すると収穫有りのようですね
ちょっと小ぶりではありますが蕗味噌やアイスクリームにちょうどいいですよね
先ずは天ぷらにしていただくのが一番でしょうか
春の味覚が体全体に染み渡り幸せな気分になります
寒い寒いと言いながらも確実に春は近づいているようですね
皆さんもちょっとだけ早い春を楽しみにお出かけになりませんか
2019蕗の薹.jpg
外はとても静かな小雨がぱらついています
例年だとこの時期は間違い無く雪模様なのですが今年はまだ纏まった積雪はありません
そうゆう意味では暖かな冬ということなのでしょうか
それでもやはり芯から冷える日が多いですね
皆さま、インフルエンザも流行っているようですので風邪などひかぬようにご自愛くださいね
posted by オーナー at 09:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

色鮮やかな人形たち

久木野窯の雛人形とは別に色鮮やかな雛人形が部屋の一部に鎮座しています
野乃花では初のお披露目となりましたね
福岡のKさんが以前に買い求めたものが其の儘箱に入ったままになっていたそうで野乃花似合いそうだからと頂いたものです
文字通り『箱入り娘たち』ですね
どちらの人形でしょうか?
素焼きの上に色鮮やかな色彩が施されて久木野さんの柔らかな人形と対照的な気がしますね
寒い冬には暖かく感じられて心が和みますね
初顔合わせ2019.jpg
さて、今日も朝からどんよりとした空模様の高原です
冬の空は概ねこんな感じの日が殆どなのですがそれでも時折雲の合間から太陽が顔を出すと何だかこちらまで暖かな明るい気持ちになるから太陽の力ってすごいですよね いつも誰かの太陽になれるように頑張ろうと思っているのですが厚い雲の中に隠れたままのようです

窓から眺める野乃花の庭は木々の木の葉もすべてなく冬の景色が広がっています
それでも枝先をよく見ると小さな膨らみがはっきりと見ることができますね
やがてその膨らみから新芽が顔を出すことでしょうがそれまで冬枯れの景色を楽しんでおくことにいたしましょう
希望の膨らみはそのまま心の奥に大切にしまっておくことにします

枯れ枝に刺したミカンに番のヒヨドリが仲良くミカンを啄ばんでいる午後の野乃花の庭風景
posted by オーナー at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする