2017年08月06日

焼酎充実!!!

夏はキリリとロックで・・・

野乃花は今焼酎が充実しています
魔王、村尾、久米仙、伊佐美、ぷう、兼八・・・この他にも色々と!
そうそうたる芋焼酎や麦焼酎が食事中や食後の会話を豊かにしてくれます
大分の山海の幸を肴についつい話も酒も弾みます
masatoシェフが腕の見せ所とばかりに張り切っています
一方髭のマスターはドクターストップのために隠れてこそこそ味見しています
ドクターストップと言っても優しい主治医のO先生はストップじゃなくてほどほどにとのことなのでついついほどほどがどれくらいかわからなくなってしまう髭のマスターである  皆さんも経験があると思いますが高校生くらいの時の朝、あと五分、あと五分と・・・・あれですよ!あともう少し、もう少しと繰り返す心地よさ 『もう高校生じゃない!』と鬼瓦明美が口をとんがらせますが『高校生では酒が飲めない!』と口答えと屁理屈をこね回す髭のマスターの歯切れの悪さ もっとも最近は明美シェフの方が酒強くなっている気配がありますが・・・そのうちにアル中、酒乱となったりして・・・そうなると鬼瓦よりも怖いかも、クワバラ、クワバラ
焼酎充実.jpg
台風5号はまだ種子島のあたりなのに風雨が強くなっています
こんな時こそ昼間から酒ですよね
どうせ畑仕事も庭の草取りもできないのだからと・・・

やはり夏はキリリとロックで・・・ですかねー
  そこで一句
 調子よく あともう少し  もう少し
少し酔っ払ったみたいですのでこの辺で・・・
野乃花に飲みにいらっしゃいませんか
posted by オーナー at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

野乃花はフラワーショップ?

『わぁ〜、綺麗』
いつの間にか野乃花はフラワーショップに変身したのですか?
ランチのお客様にそう尋ねられてしまいました
神様Hからプレゼントしていただいた花束を色々な花瓶に投げ入れてみました
最初はテーブル毎に置いていたのですがちょっと大きすぎるのでひとところに集めました
そうするとかなりのボリュームがあってそれで花屋さんに間違われてしまったというわけです
夏の切り花は日持ちがしなくてもったいないのですが儚いからこそ素晴らしいという神様Hの感性にまかせて野乃花のレストランは今真っ盛りです
綺麗な花のプレゼント1.jpg綺麗な花のプレゼント2.jpg
台風の進路がとても気になりますね
速度も遅く九州上陸は避けられそうにもありません
先日の大雨の被害が大きかった日田、筑後地方の皆様は特に心配のことだと思います
被害がこれ以上ありませんようにお祈りいたします
posted by オーナー at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

素敵なプレゼント

13周年の昨日嬉しい贈り物がありました
神様Hから綺麗な花のプレゼント、と野乃花住民全員を亀の井別荘湯岳庵お食事ご招待
ボリュームたっぷりのステーキコースを美味しくいただきました
花束は夏の花ひまわり、深紅のバラ、淡いピンク色のトルコキキョウ、真っ赤な蘭の花束です
早速部屋の中に飾りましたがレストランがパァ〜と明るくなりました
神様いつもありがとうございます
これも日頃から頑張っている人たちへの神様からのプレゼントでしょうか
お陰様でパワーアップして14年目に突入です
13周年嬉しい贈り物1.jpg13周年嬉しい贈り物.jpg
迷走する台風5号の影響でしょうか まだ南の海上にあるというのに風のある1日でしたね
その進路がとても気になりますが日本列島直撃は避けていただきたいものです
このところ自然災害のニュースをいつも耳にすることが多いですが不気味ですね

始まったばかりの暑い夏!
元気よく乗り切りましょう
たまには涼しい高原に遊びにいらっしゃいませんか
野乃花の住民一同心からお待ちしています
posted by オーナー at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

13周年記念日の朝を迎えました

お陰様で13周年の朝を無事に迎えることができました
これも野乃花ファンの皆様のお陰です 有難うございます
今朝は高原を渡る風が『もう秋?』と思わせるほどに爽やかでやや由布岳の頂あたりに雲がかけていて東の空には朝焼けを見ることができます 昨夜は8時に就寝の髭のマスターは早寝早起きを実践、いや年のせいで早くから目が覚めてしまいました 北九州のNさんが『私この風景が好き!』と言っていた草刈り後の西側の窓越しの風景には早々と散歩をしている人がいる ルノアールの絵から抜け出してきたかのような光景にしばし見入ってしまう 恐らく別荘の人であろうか?最近はマサトシェフが草刈機を使用するようになってやや虎狩り状態ではあるものの程よく手入れされている それで木立越しに細い道を見渡すことができる この細い道は奥の方へと続いており髭のマスターは一人『奥の細道』と呼んでいる 散歩人が歩いている時には遥か昔の芭蕉や山頭火を彷彿させ、車がゆっくりと通る時には軽井沢にいるような錯覚を覚える いつまでもこの風景を見ることができますように・・・・
狐の剃刀1.jpg狐の剃刀2.jpg狐の剃刀3.jpg狐の剃刀4.jpg
梅干し達の日光浴も今日が最終日、気持ちよさそうにテラスでぺちゃくちゃとおしゃべりに夢中のようです しわしわのその多くの笑顔を見ていると自然に唾液が口の中に広がっていきます お粥に梅干し、梅肉と烏賊のパスタ、梅肉の爽やかドレッシングと使い方も豊富である ついでに一つ口の中に放り込む 良い香りと酸っぱさが口の中と脳みそを支配する その後にとても爽やかななんとも言えない幸せ感がやってくる 

薄暗いうちにカナカナと鳴いていたひぐらしも今はピッィ〜、ピッィ〜という鵯の鳴き声に変わっている 
ほどなく気が遠くなるような蝉時雨に変わるであろうが・・・
野乃花の住民の起きる気配はまだない13周年目の野乃花の朝にキツネノカミソリが綺麗に咲いています


posted by オーナー at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

8月3日13周年を迎える野乃花

8月3日、明日で13歳を迎える森の宿 野乃花
還暦を過ぎると時間の流れるのが本当に早く感じられるこの頃であるがまるで流れの速い小川に笹舟を浮かべたようである さらに月日の流れはもっと早くそれは激流のカヌー競技のようにアクロバットな人生のごとくひたすらに早く早く・・・何をそんなに急ぐのか!年月の流れに至っては嵐の後の濁流のごとし、そこにはメダカが生息する小川の透き通った美しい水も清流の清らかな水もなくただただ濁った濁流が轟々と流れるごとし しかし悲しむなかれ!やがて大海へと続き大洋のコバルトブルーの綺麗な海が待っている 13年を振り返ることはやめよう まだまだ濁流の最中、一瞬でも止まれば飲み込まれてしまうから・・・さらに大海に向かってオールを漕げ!
土用干し1.jpg土用干し2.jpg
やっと夏らしいギラギラとした太陽が輝き由布岳の頂上もくっきりと見えるようになった
夏だ!やっと夏らしくなってきた!
早速梅干しの土用干しにチャレンジした野乃花の住民
テラスに梅の良い香りが漂います
昨年よりも少し遅いがこれも夏の風物詩
汗をかいた後にひとつ口に放り込む
塩っぱい味と良い香りが口の中にパァ〜と広がります
こまめに給水をしながらミニトマト、きゅうり、なす、オクラ、ピーマン、満願寺とうがらし、鷹の爪、ズッキーニ、ツルムラサキ、インゲン豆、かぼちゃ、ハブ茶の手入れに汗を流す 少しではあるが野乃花の夏野菜が食卓に豊かさをもたらしてくれ始めた8月の初めのこと
やはりこの太陽が気持ちいいのは野菜も人間も同じようである
posted by オーナー at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする