2017年12月03日

冬枯れも又良し

つい数週間前までは紅葉が綺麗だったのに12月の声を聞くと同時に一気に冬枯れの世界が広がった野乃花の庭です
これはこれで素敵なのですが先日までの風景と賑やかさというか華やかさという点であまりにもギャップが大きすぎて戸惑ってしまうことがあります 12月は師も走るという師走を迎えてマスメディアも周囲のみんなもなんとなく浮き足立っていて山奥で世捨て人さながらの生活(?)をしている野乃花の住民もどことなくそわそわと落ち着かないのが現状であるようだ お見えになられるお客様も今年はもう来れないかもしれないので一応年末のご挨拶をと切り出されるとあ〜、そうなんだと慌てて挨拶をしている髭のマスターである 商店街では年末セールとかクリスマスセールとか賑わっているようですし飲み屋街は忘年会、新年会のポスターが目につくようになってきました
しかし髭のマスターとしては庭の景色同様冬枯れの生活を維持しているのであまり関係のないことである
とはいうものの誘われれば二つ返事でOKするところがまだまだ枯れきっていないのであろうか
2017冬枯れ1.jpg2017冬枯れ2.jpg
年賀状を書く手を暫し休めてコーヒーを飲みながらポンポンと肩を叩く
こういう年寄り臭い仕草も様になった最近の髭のマスターである
posted by オーナー at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

お気に入りのコーヒーカップ

先日福岡に行った時 本を買うついでに丸善ギャラリーに立ち寄った
ヨーロッパのアンティーク展が開催されていた
そこでフィンランド・アラビアのコーヒーカップが目に止まった
ビンテージものでもうコーヒーカップは買わないと決めていたのだけれどもついつい買ってしまった
ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじみたいなデザインのコーヒカップである
紺を基調とした磁気製のコーヒーカップはやや小振りであるがなかなか手になじむ大きさである
最近少しだけコーヒーを控えめにしている髭のマスターにとってはちょうどいいかもと思って・・・
アラビアのコーヒーカップ.jpg
早速本日そのコーヒーカップでいただきました
口当たりも良くその上持ちやすいのでとても気に入っています
陶器に対する病気はまだまだ完治していないようである
posted by オーナー at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

冬には赤い実がよく似合う

冬枯れの野乃花の庭で一際目立っているのがウメモドキの赤い実である
その先端にキラキラと水滴が輝いていてそれはそれは綺麗である
落ち葉をサクサク踏みしめて寒々とした庭を散歩する
先日お泊まりのお客様が落ち葉を踏んで歩くと健康に良いとか言っていましたね
ウメモドキの実.jpg
さて今日から師走、いよいよ今年も押し迫ってまいりました
年賀状を書きながら今年を振り返っていますがまだ少し気がはやいですかね
それでも一ヶ月なんてあっという間に過ぎ去ってしまいますから・・・
posted by オーナー at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

ルドルフ2世の驚異の世界展へ行ってきました

福岡市博物館へルドルフ二世驚異の世界展を見に行ってきました
新聞や知人から聞いていたのですがちょっと期待はずれとの意見が多かったので行くのを迷ったのけれど暖かさと体調が少し落ち着いていたので思い切って出かけてみました
福岡市の博物館へ行くのは初めてなので天神からタクシーでもいいかなと朝食を取りながら思っていたのですが雨も上がり気温もそれ程低くなかったので西陣まで地下鉄、そこから歩くことにしました 西南学院の広大なキャンパスを学生気分でゆっくりと歩きながらひたすら博多湾に向かって足を進める ゆっくり歩いても20分足らずで着いたが開館前で静かなものでした ついでに百道の高級住宅街を散歩する 全てが新しく幾何学的な街の風景でなんとも落ち着かない 犬の散歩をしている人にコーヒーを飲めるところがないか聞いてみたがこの辺は早い時間に開いているところを知らないという返事であった 暫く歩くと真新しいコメダコーヒー店を発見したので入る コーヒーを注文して買ったばかりの本を読みだした 重いけれども持ってきてよかった 塩田武士さんの罪の声という本である 気がつくと小一時間が流れ去り慌てて(慌てることもないけれども)博物館へと向かう 音声ガイドを借りてゆっくりと回ることにした 平日ということもあって比較的空いていてゆっくりと見ることができたのが何よりも嬉しい ルドルフ二世は相当の芸術好きであったみたいでそのコレクションは絵画をはじめとして凄いの一言であった サーフェリーやバッサーノ、特に興味があったのはオウムガイの杯である ポスターに使用されている花や果物、木の枝を巧みに使って描かれている絵画もやはり面白かった 12月24日まで開催されているようですので興味のある人は行ってみてはいかがでしょうか
福岡市博物館1.jpg福岡市博物館2.jpg

IMG_0054.jpg1.jpg3.jpg4.jpg

山奥から出かけてきたのでヒートテックにダウンのジャケットといういでたちの髭のマスター
歩くたびに汗びっしょりになり往生しました
特に天地下や本屋などの暖房の効いているところでは大変でした
posted by オーナー at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

ハブ茶の収穫

あと一歩のところで霜にやられてしまったハブ茶
1メートルほどに成長して実も付けていたのですが・・・
熟れるまでの時間が欲しかったなぁ
それでも収穫にチャレンジした髭のマスター
一さや一さや丁寧に皮を外していきます
これが結構時間がかかるんですよね
それに弾けてあちらこちら種だらけになっています
これを煎ってハブ茶にします
ハブ茶1.jpg
ハブ茶2.jpg
蒼い実が多かっただけに美味しいかどうかはわかりませんがチャレンジです
人生フルーツのつばたしゅういちの育てた種を頂いたものです
手に入ったのが少し遅かったために蒔くのも収穫も遅くなったのですができたほどでチャレンジしています
どんなハブ茶ができるか今から楽しみである
posted by オーナー at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする