2017年08月03日

13周年記念日の朝を迎えました

お陰様で13周年の朝を無事に迎えることができました
これも野乃花ファンの皆様のお陰です 有難うございます
今朝は高原を渡る風が『もう秋?』と思わせるほどに爽やかでやや由布岳の頂あたりに雲がかけていて東の空には朝焼けを見ることができます 昨夜は8時に就寝の髭のマスターは早寝早起きを実践、いや年のせいで早くから目が覚めてしまいました 北九州のNさんが『私この風景が好き!』と言っていた草刈り後の西側の窓越しの風景には早々と散歩をしている人がいる ルノアールの絵から抜け出してきたかのような光景にしばし見入ってしまう 恐らく別荘の人であろうか?最近はマサトシェフが草刈機を使用するようになってやや虎狩り状態ではあるものの程よく手入れされている それで木立越しに細い道を見渡すことができる この細い道は奥の方へと続いており髭のマスターは一人『奥の細道』と呼んでいる 散歩人が歩いている時には遥か昔の芭蕉や山頭火を彷彿させ、車がゆっくりと通る時には軽井沢にいるような錯覚を覚える いつまでもこの風景を見ることができますように・・・・
狐の剃刀1.jpg狐の剃刀2.jpg狐の剃刀3.jpg狐の剃刀4.jpg
梅干し達の日光浴も今日が最終日、気持ちよさそうにテラスでぺちゃくちゃとおしゃべりに夢中のようです しわしわのその多くの笑顔を見ていると自然に唾液が口の中に広がっていきます お粥に梅干し、梅肉と烏賊のパスタ、梅肉の爽やかドレッシングと使い方も豊富である ついでに一つ口の中に放り込む 良い香りと酸っぱさが口の中と脳みそを支配する その後にとても爽やかななんとも言えない幸せ感がやってくる 

薄暗いうちにカナカナと鳴いていたひぐらしも今はピッィ〜、ピッィ〜という鵯の鳴き声に変わっている 
ほどなく気が遠くなるような蝉時雨に変わるであろうが・・・
野乃花の住民の起きる気配はまだない13周年目の野乃花の朝にキツネノカミソリが綺麗に咲いています


posted by オーナー at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

8月3日13周年を迎える野乃花

8月3日、明日で13歳を迎える森の宿 野乃花
還暦を過ぎると時間の流れるのが本当に早く感じられるこの頃であるがまるで流れの速い小川に笹舟を浮かべたようである さらに月日の流れはもっと早くそれは激流のカヌー競技のようにアクロバットな人生のごとくひたすらに早く早く・・・何をそんなに急ぐのか!年月の流れに至っては嵐の後の濁流のごとし、そこにはメダカが生息する小川の透き通った美しい水も清流の清らかな水もなくただただ濁った濁流が轟々と流れるごとし しかし悲しむなかれ!やがて大海へと続き大洋のコバルトブルーの綺麗な海が待っている 13年を振り返ることはやめよう まだまだ濁流の最中、一瞬でも止まれば飲み込まれてしまうから・・・さらに大海に向かってオールを漕げ!
土用干し1.jpg土用干し2.jpg
やっと夏らしいギラギラとした太陽が輝き由布岳の頂上もくっきりと見えるようになった
夏だ!やっと夏らしくなってきた!
早速梅干しの土用干しにチャレンジした野乃花の住民
テラスに梅の良い香りが漂います
昨年よりも少し遅いがこれも夏の風物詩
汗をかいた後にひとつ口に放り込む
塩っぱい味と良い香りが口の中にパァ〜と広がります
こまめに給水をしながらミニトマト、きゅうり、なす、オクラ、ピーマン、満願寺とうがらし、鷹の爪、ズッキーニ、ツルムラサキ、インゲン豆、かぼちゃ、ハブ茶の手入れに汗を流す 少しではあるが野乃花の夏野菜が食卓に豊かさをもたらしてくれ始めた8月の初めのこと
やはりこの太陽が気持ちいいのは野菜も人間も同じようである
posted by オーナー at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

8月突入

いよいよ8月突入である
やや夏バテ気味(?)である明美シェフとごく普通のマサトシェフ、至って元気モリモリなのが髭のマスター
この夏の野乃花の住民は三者三様であるが明美シェフはやや夏バテ気味で普通の人の元気くらいであるからバテ気味でちょうどいい 焼酎で言えばお湯割6対4ぐらいであろうか 一方髭のマスターの元気モリモリもやや怪しくて空元気なところが多分にある しかし食欲と毒舌だけは健在!! 毒ヘビ注意!ならぬ毒舌注意!の張り紙を貼っておこう ついでに食べ過ぎ注意も必要かな? ウイスキーで言えばシングルモルトのロックあたり 一方マサトシェフはややポーカーフェイス気味で淡々としている ハイボールってところかな?
マスカット1.jpgマスカット2.jpg
福岡のU先生より高価なマスカットが送られてきました
真綿に包まれており口にするのが勿体無いくらいである
人目を盗んでコソ〜と二、三粒口に入れるのは髭のマスターの得意技、もちろんちぎったところを180度裏側に回して解らないように細工しておくのを忘れないのがプロの技、最後はそ〜と真綿を被せて涼しい顔 う〜ん完璧!
上品な香りと甘みが口の中に広がります あまりにも美味しくて高価な味で口が腫れそうです 折角のプロの技も口が腫れるところからバレてしまうかもとちょっと心配です 夕刻みんなでぶどうを食べたのですが心配は無用のようで『セ〜フ』
暑い時はこのスリルがたまりません!皆様も一度お試しあれ!美味しさとスリルは一粒で2度美味しいよ

8月、朝から蝉の鳴き声か?はたまた加齢による耳鳴りか?
そこで一句
      じぃじぃと 頭の中は 蝉時雨

posted by オーナー at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

7月も今日で終わり

いつの間にか7月も今日で終わりとなる
ただただ時の流れの速さに驚く髭のマスターであるが皆様はいかがでしょうか?
時の流れに身を任せていたら一体どこまで流されていくのでしょうか
無駄だとわかっていても時々竿をさしてみたい気もするし石ころをぽいっと投げてみようかなとも思う
何も変わらないけれども波紋は起きるししばらくは竿をさしたまま踏みとどまることもできる
一時的に波紋が広がったり、流れに逆らった動きがあるにせよすぐに淘汰されるであろうが・・・・
打ち上げ花火のようにぱ〜と咲いて散りたい時もある
結局はそう思いながら流されていく自分がいる
たまゆら.jpg
たまゆらのキラキラと輝く光にほんの少し淡い期待を抱きながら今朝の散歩の時間
真新しい事を発見したようにポインセチアの葉にコロコロと揺れるたまゆらを見る
やがて朝日が昇れば露と消えてしまうであろうこの宝石も束の間の輝きか!
しかし考えてみるに束の間でも輝くことができることが素晴らしい!
いや、束の間だからこそきっと素晴らしいのであろう
髭のマスターも今日はそして明日は束の間輝いてみようか・・・

いよいよ明日は8月である
posted by オーナー at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

じいじいライダー

野乃花にハーレーダビットソンがやってきました
見た目にもコンパクトなバイクで髭のマスターの足の長さでも大丈夫なようです
それでちょっとだけ写真撮影に乗せていただきました
昨日お泊りの東京のKさんは髭のマスターよりも5歳年下で年齢はちょっとだけ下、体重はちょっとだけ上といったところである 体型、年齢ほぼ一緒のタケシ軍団、そうなんですよ!名前が同じタケシ君!昨日は熊本空港より阿蘇経由で野乃花入り、阿蘇では先の地震、水害のよる道路寸断でかなり苦労をされたとのことであるが無事にほぼ定刻野乃花到着と相成りました 食事の後常連の北九州悪代官とともに俄か居酒屋と化した野乃花のレストラン、ということは明美シェフがママ???バーじゃなくてババァのママじゃなくてババ、Kさん曰くお客はみんなドスケビッチ・オナゴスキーだそうである
ビールに始まって焼酎は大分の誇る兼八、悪代官の持ち込みのイタリアワイン、キャンティ・クラシコへと移り最後はシングルモルトのBLUE GIANT SUPREME二十年もので〆た 久々に髭のマスターもワインのちウイスキー・・・美味しかったぞ〜!年齢を重ねるごとにその人の物語は確実に豊かになる ただ豊かさだけではなくてその豊かさの内要に個性が光るような気がする だから酒を飲みながらの談義が面白くなるのであろう この日もまた最後は悪代官の一人舞台で終わった 『お主も悪よのう〜』『良いではないか!良いではないか!』と・・・・ 
ハーレーと若大将.JPGji-ji-ライダー.JPG
都会で夢を追い求めて頑張る人、田舎で我が道を思うままに生きる人、それぞれであるがK氏、悪代官は前者であり髭のマスターは後者である どちらがどうのこうのというわけではないが一局集中せずにもう少し地方が元気になれば確実に日本はパワーアッップするように思います K氏のフィリピンの話に真の人間らしさ、豊かさを再確認した髭のマスターは改めてこの地でこれまでに出会った人たち、これから出会うであろう人たちと楽しみながら生きていこうと思います Kさん、素敵な話を有難うございました 久しぶりにうまい酒が飲めました

じいじいライダーと言えば佐賀のNさん、最近音沙汰ないけれども元気であろうか!

posted by オーナー at 17:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする