2018年12月27日

あの日から3年・・・

思うにあの日から3年が経過しました
あの日と言うのは心筋梗塞により死の淵を彷徨ってからということですが・・・
口の悪い友人は『まだ生きちょったんか!』とか『巳年生まれだけあってしぶといなぁ』とか言いながらそれでも何か用事をこじつけながら様子を見に来るのは嬉しいものである 実際にあの時この世とバイバイしていたならばこうして一緒に話をしたり飯食ったりすることもなかったのであるから全く丸儲けの三年間である 『それはもしかして宝くじに当たるのよりも価値あることなのかもしれないね、僕にとっても僕と関わり合いのある人たちにとっても』と切り出すと迷いなく『宝くじに当たった方が断然価値がある』と即刻返してくる人が僕を含めて100%!だ 無理は出来ないものの日常の生活はなんの支障もなく過ごせるし、近場であれば美術館巡りも楽しんでいる 流石に飲みごとは控えていますが『たかが酒!されど酒!』であるようで飲めないということは人生の半分が終わってしまったような気持ちもする そう考えれば薬漬けの毎日と禁酒の日々は合計すると三分の2の人生が終わってしまったようなものであろうか その上で考えてみるにこれがまた乙なものなんですよね すべての物事をニュートラルに慈しむというか、削ぎ落とされた人生というか、あるいはまた五感がこの上なく豊かな人生というか・・・そのようにして今年もあと残された一週間を楽しんでいます
DSC_0007.jpg
今年は干し柿を作るのが例年よりも随分と遅くなりました
御節に間に合うかなぁと気を揉んでいたのですがなんとか間に合いそうですね
このところの寒さで一気に完成度が上がってきました
こっそりと味見をしたのですがなかなかの出来栄えのようです
そろそろ被害に遭わないように注意した方が良さそうですね
何にですかって?
鹿や鳥の類と言いたいところですが頭の黒い動物が最も要注意です
一縄に10個ほどつるしているのですが縄ごと無くなることもあるんですよ
後で『鹿が干し柿を狙っちょったよ』と電話してきますが『鹿は唐草模様の風呂敷を持ってないようだ』と返しおきます
新年に誰かが美味しいワインをそ〜と置いて行っています
きっと唐草模様の風呂敷をした鹿でしょうか

皆さんも年末の大掃除や新年の準備等で大忙しの師走でしょうね
良いお年をお迎えくださいね
時間が取れましたら野乃花に遊びに来てください
posted by オーナー at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: