2018年04月10日

菜の花満開!

福岡・東京より美女5人が野乃花に集結した
二泊三日という旅行程で中日に国東半島をご案内した
豊後高田の真木大堂では親友W氏に無理を言ってご案内と解説をお願いした
約一時間の名解説に一同感慨深げにご満足の様子、素朴な風景と親切な人々、飾りのない本物の歴史、それらを日々の生活の中で守り続けているW氏をはじめとする国東の人々との会話と古より受け継がれているこの空気感全てに『生きる』という人間本来の姿が感じられユネスコの世界農業文化遺産に指定だれただけのことはあると納得のご様子
その後昭和の町へ回り、『そば処 ゑつ』でせいろそばをいただく さらに国東半島を東へ進み長崎鼻に菜の花を見に行った ぽかぽか陽気の春の青空とどこまでも続く黄色一色の菜の花畑のコントラストが素晴らしい ここでも一同大満足
昭和の町で買った12個200円の紅八朔を海沿いベンチでいただきながら『大分はいいわねえ!』と会話も弾む、弾む
それでは長崎鼻の菜の花畑をとくとご覧あれ
長崎鼻菜の花1.jpg長崎鼻菜の花2.jpg長崎鼻菜の花3.jpg長崎鼻菜の花4.jpg長崎鼻菜の花5.jpg
いかがでしょうか
素晴らしいでしょう!
まだまだ綺麗ですのでお時間のある方は是非オススメです

♫菜の花畑に 入日薄れ
見渡す山の端 霞深し♫
夕刻にもう一度言ってもいいかなと思っている髭のマスターである

因みに美女5名の年を合わせると450歳 
真木大堂の仏様たちもこれくらい前に作られたのであろうか
国東半島もすごいけれども彼女等のパワーも凄い
posted by オーナー at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: