2019年08月03日

野乃花も15歳になりました

 本日8月3日、野乃花も15歳になりました
15年前の今日張り切ってオープンしたのを思い出します
サラリーマン生活に区切りをつけ、まるで太平洋にヨットを漕ぎだすような気持ちで期待と不安、希望と喜びのスタートだったように思います
あれから実に15年という歳月が流れ去っていった訳ですが人生とはいいものだ!と今更のように思います
たくさんの人に出会い、これでもかというほど酒を飲み、夜遅くまで語りあったオープン当時の頃
暖炉の火を囲みながら時の過ぎゆくままに炎の揺れに身を任せた頃
20年かけてチャレンジしている庭はいまだに完成を見ていない
それでも思うに一瞬一瞬が未完成という完成形であるかもしれないと思うこともある
畑の土を掘り起こした時に出るたくさんの石を並べてアッピア街道と称しコツコツと造った道は今は土の中に埋もれています
小さな苗木を植えたのが今では大きな木に成長して涼しい木陰を提供してくれています
荒れ放題の竹藪だった土地が今は木々の成長とともに庭らしくなっています
15周年神様の贈り物1.jpeg15周年神様の贈り物2.jpg
沢山の人に支えられながらの野乃花であった訳ですがとりわけ大きな力となってくれているのが神様Hである オープン前から現在の至るまで野乃花にとって縁の下の力持ち、文字通り神様的存在である その神様が15周年のお祝いに花束を贈ってくれるというので髭のマスターは一緒に行って選んだのがこの象さんの置き台である この時期切り花は日持ちがしないしつぶらな瞳の象さんに一目惚れしてしまった 

今朝も朝早くから庭いじりを楽しんでいる15年目の髭のマスターである
posted by オーナー at 08:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

ツクツクボウシが鳴き始めました

夕刻薄暗くなるとカナカナとヒグラシの鳴き声に癒されていたのですが真昼間の日差しの強い中ツクツクボウシが鳴いています
聴くだけで汗がじっとりと出てきそうですね
あんなに一生懸命鳴いて一体何を訴えているのでしょうか
  小遣いあげてくれ!
  夏休みどこ買え出かけようよ〜
  美味しいもが食べたい!
一度ツクツクボウシに聞いてみたいものである
あなたはどうして日がな一日そんなに一生懸命泣いているの?
暑くはないの?と・・・
2019オニユリ1jpeg2019オニユリ2.jpeg
庭の鬼百合の花が咲きました
オープンした頃はあちこちに咲き乱れていたのですが鹿に食べられて全滅状態です
それでネットで囲った中や鉢植えのものが育ち始め、ついに第一号が花をつけました
緑の中オレンジ色が一際目を引きます
また以前のように増えていくといいのですが・・・

いよいよ明日は野乃花オープン15年となりますよ
posted by オーナー at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

八月になりました

気がつけばもう八月突入ですね
今年はそんなに暑い日がなく特に朝晩はとても凌ぎやすいようですね
ここ塚原高原は海抜が高いせいもあるのでしょうがそれにしてもジリジリとうだるような暑さをあまり感じませんね
蝉の鳴き声も心なしか静かなような気がするのは年齢による耳の働きが悪いからでしょうか?
最近は本当に音が聞こえにくくなりました
あ!蝉といえば先日お泊まりの子供達と一緒にカブトムシを取りに庭のクヌギの木を見て回っていた時蝉が脱皮するのを見かけました
やや薄めの神秘的な青白い蝉が木にぶら下がった抜け殻から脱皮する姿は綺麗ですね
同じところで同時に4匹もの蝉が抜けがわっていました
みんなでそ〜と見ていましたが翌朝早くに見に行った時にはすでに旅立った後でした
蝉の脱皮.jpg
皆様のお陰で8月3日野乃花も15歳になります
人間でいえば来春は高校受験ですね
本当に月日の流れるのは早いものです
今後ともよろしくお願い申し上げます
posted by オーナー at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする