2016年06月30日

今年最後のたけのこ

梅雨の時期になると長靴を履いて竹藪へと入っていく明美シェフの姿がある
一度入るとなかなか出てこない
しかし出てくるときには一抱えの竹の子と共に颯爽と出てくる
テラスに『どうよ!』とばかりにど〜んと投げ捨てるように置く
その後黙々と皮剥きが始まり厨房では酢とワインの鼻を吐くような匂いが立ち込める
やがてたくさんの瓶に詰められた竹の子のピクルスがたくさんテーブルの上で冷やされています
カレーの時やちょっとした付け出しに歯ごたえも良くピクルスは重宝します
野乃花では梅干し、ラッキョ、竹の子の保存作業は梅雨時期の恒例の作業である

今年最後のたけのこ.JPG

この時期に採れる竹の子はマタケで野乃花の周辺に多く自生しています
ちょっと油断すると畑の中や庭にどんどんと侵入してきます
あちらこちらに顔を指している竹の子を見る度に雨と一緒でちょっとうんざりの髭のマスターである
posted by オーナー at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

山本源太さんの器をたくさんいただきました

先日お泊まりの八女のTさんご夫妻より山本源太さんの器をたくさんいただきました
星野、八女は一度訪れてみたい場所の一つである
野乃花で使っている八女茶の星野製茶園さんや陶芸家の山本源太さん、人物的に尊敬するTさんと魅力たっぷりに場所であるには間違いない
そういえば器をいただいたのもTさんでそのTさんを紹介していただいたのもTさんである

かなり以前に天神のギャラリーで源太さんの作品展に偶然出くわしたことがあった
その時に手に取った涙壺が他の作品を見ようとしてちょっと置いた隙に背後のお客様に買われてしまいました
偶然にも湯布院の亀の井別荘の鍵屋さんで源太さんの作品を見かけて涙壺を探しましたが残念ながらありませんでした
それ以来何時かは訪れようと思いつつ未だに実行できていない
そんな中八女のT さんが野乃花に見えられるようになりました
お話し上手で髭のマスターよりもちょっとだけ先輩のTさんが是非八女に来なさいと誘われていますので今度こそ実行したいものである

山本源太さんの作品.JPG

夕陽焼のぐい呑みでジャズを聴きながら美味しい日本酒を頂く幸せ
美味しい日本酒を買いに行きたいのだけれども子供が車を使っていて帰ってきません
楽しみは先に延ばせと言いますが気長に待ちましょう
それまで濃いめの珈琲でもいただくことにしよう
 
気がつけば6月も終わりが近いですね
忍び足で7月が近づいてきています
posted by オーナー at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

イヤープレート&コーヒーカップが元通り

梅雨の長雨
今日も雨・・・嫌になりますね
お客様も無かったのでRCイヤープレートを元通りに壁にかけました
常連さんの間では賛否両論で賛成派の人はえ〜!もしかして地震で割れちゃったの?と心配してくれました
全部無事で元気ですから落ち着きましたら元のように壁に掛けますからと答えていました
お待たせいたしました
本日無事に壁掛け終了です!
会いに来てくださいね

反対派の人は無い方がスッキリしていいんじゃ無い!とサラ〜と言い放つ
髭のマスターの涙ぐましい努力は一体どう評価してくれるの?
『宿代倍じゃ!』とか『もう酒は出さん!』とか喚き散らしても何も堪えないらしい
どうせ酒のある場所と氷やおつまみの場所は分かっているし生ビールだってマスターよりも私の方が上手なんだから言いかねない

あなたはどっち派なんですかね?

復活したイヤープレート.JPG

如何ですか?
なかなか豪快でしょう!

コーヒーカップも元通り.JPG

お気に入りのコーヒーカップも所定の位置に戻しました
これで美味しいコーヒーが飲めます

そろそろ博多山笠が始まりますね
ちょっとそわそわしている髭のマスターである
今年は戸畑提灯山笠が見たいのですが曜日的にダメのようです

山笠が終わると梅雨が明けるぞ〜!
posted by オーナー at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

やっぱり青空は気持ちいい

昨日は久々の快晴で気持ちよかったですね
畑の草取り、庭の手入れ、部屋の掃除、洗濯等々朝から奮闘しています
常連さんがランチにやってきました
私たちは晴れ女!と豪語するだけあって昨日までの大雨警報が嘘のようです
長雨が続くときには時々野乃花に来ていただきたいものである
それにしても抜けるような青空はやっぱり気持ちがいいものである
スカ〜!とした空気感が血圧までも正常値になっていくようです

梅雨時期の青空.JPG

ところで先日福岡のUさん、北九州のNさんそれに髭のマスターと明美シェフの四人で日出の二階堂美術館へ日本画を鑑賞に行ってきました
風景画の特集で見事なものばかり、ほぼ貸切状態だったこともありゆっくりと鑑賞できました
心の充実感は最後の最後で大爆笑という結末
大爆笑の張本人はもちろん明美シェフ!
帰り際に他のみんなが靴箱でスリッパを脱ごうとしていた時明美シェフの『あ〜!』という音声を噛み殺したようなこの世のものとは思えないようなうめき声が聞こえてきました
玄関の外に出ることの速さはオリンピック新記録!
それはそうでしょう!
明美シェフはなんとスリッパに履き替えないでズ〜と1階から2階まで土足でウロウロしていたのですから・・・
美術館の皆様、大変ご迷惑をおかけいたしました
綺麗に清掃されていた床がもし汚れていましたら明美シェフの仕業ですので・・・

『誰も言ってくれないから』と居直るところも只者ではない
きっと上履きだったに違いないと優しいNさんがそ〜と言ってくれました
posted by オーナー at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

梅干し漬けの季節

今年も梅干しを漬ける季節がやってきました
あけみシェフ曰く『申年の梅はいい』そうで還暦申年の明美シェフにとって張り切る要因になっているようだ
昨日は熟れた梅を綺麗に洗ってヘタを竹串で一つ一つ取り除いて塩漬けまでの作業
熟れた梅は香りが良く部屋一杯良い香りに包まれています

梅干し用の梅.JPG

今年はやや小振りの梅を手に入れました
例年大きすぎて朝食の時にはお客様がびっくりしていました
1日1個食べるといいそうですが想像しただけでも唾液がこみ上げてきます

塩漬けされた梅.JPG

梅雨の時期の風物詩 ウメボシヅクリ
今年も上手くいくのでしょうか?
posted by オーナー at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする