2017年12月13日

美味しそう!

先日お客様が天然の鰤を持って見えられました
小雪のちらつく中マサトシェフが手際よく捌いていきます
やはり天然ものは身がしまっているとのこと
料理にノータッチで食べるだけの髭のマスターはその感触さえ分かりません
もともと大分県南の小さな港町の漁師の子供として生まれ育った髭のマスターには子供の頃寒ブリは珍しくもなく骨つきの半身がいつも軒先に吊られていた記憶がある それでもそれは遠い昔の話で最近では一本なりの鰤を見かけることもほとんどなくなっていた 鰤は出世魚で縁起が良くお祭りやお祝いに良く食べていたような気がするがもともと生魚が苦手な子供であったのでその記憶は定かではない そこ頃は父が出番とばかりに手際良く捌いていたのであるが大学の時静岡の友人が遊びにやってきて父の作った刺身があまりにも大きくて分厚かったので感動していたのを覚えている
天然ぶり1.jpg天然ぶり2.jpg
マサトシェフはその父から見れば孫にあたるのだけれどもその血を受け継いで手際良く捌いています
やはり和食の料理人として鍛えられているだけに父ほどの豪快さはないにせよ処理が綺麗である
父の刺身が漁師料理であるとすればマサトシェフの刺身は料亭の味であろう
となれば髭のマスターは行司といったところであろうか
刺身を食べない行司なんてクリープの入ってないコーヒーみたいなものだと昔の人に言われそうであるが幸いにもコーヒーはブラックでいただいているので念のため!

一本なりの鰤を見ると正月を即連想してしまいます
今年もあと二週間ほどで正月がやってくる
posted by オーナー at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ゆらゆらと妖しいオレンジ色の正体は・・・

暗闇の中でゆらゆらと妖しいオレンジ色の明かりは一体何?
宇宙人の乗り物であるUFO?
それともどこか異国の怪しげなBarのネオンサイン?

それは燃え終わる前の薪ストーブの炎
見ていても飽きない炎のダンスはゆらゆらと暖かくリズミカルである
暫し前のリクライニングチェアーに陣取って見入ってみることにした
外は粉雪が舞い始め薄化粧のテラスは沈黙の世界
時折パチパチと弾く火の粉が暖炉の中で花火大会さながらに威勢がいい
冬は体調的には辛いけれども好きな季節である
今年もこの風景に出会えて感謝!
2017炎1.jpg

2017炎2.jpg
お客様のKさんから絵葉書が届く
今年野乃花デビューしたじいじいライダーのKさんである
絵葉書の消印はバンクーバー、遠いところに行っているんだと野乃花の住民は読みながらの感想を漏らす
あけみシェフ以外は100%羨ましいという顔である
あけみシェフは飛行機が大嫌いで私は外国でなくてもいいから北海道に行きたいと常日頃から言っている
北海道に行くにしても飛行機は乗るであろうに?と思ったのであるが口にはしなかった
あけみシェフは日本であること、イミグレイションや税関を通過しなければ飛行機は乗らなくてすむものと勘違いしている節がある もしかして北海道の位置でさえ正確に把握していないかもしれない これでよく無事に六十数年も生きてこれたものである ということは髭もマスターの苦労がお分かりいただけるだろうか
posted by オーナー at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

寒いですが綺麗です

この一週間厳しい寒さとなりましたが皆さん如何お過ごしのことでしょうか
風邪などひいていないでしょうか
福岡の方では例年よりも早くインフルエンザが流行りつつあるようですが用心して下さいね
風邪をひかないようにビタミンCを!と蜜柑をパクパク食べていたら『食べ過ぎ!』と即外野からお叱りの声が届きこそこそと隠れて食べていたら思いっきり手のひらが黄色くなってしまいました お陰様で今の所風邪をひいていない髭のマスターである
そんなこんなであれよあれよという間に今年も残す所20日間となりました
年賀状を始め年末、新年の準備がそろそろ頭を過る頃でしょうか
まだまだ大丈夫と思っていたのですが気がつけば・・・・ということになりかねませんね
風邪と同様にこちらも気を付けましょう!

2017冬由布岳1.jpg2017由布岳2.jpg
今朝も真っ白な由布岳の頂です
見る限りでは寒そうですがポカポカと暖かな暖炉の中では半袖でもいいくらいでストブの前に陣取ってコーヒーを片手にいつものように本を読んで過ごしています 時々『寒い!』と言いながらお客様が手のひらを揉み入ってきます 次の言葉はハンコを押したように『ここは暖かい!』と背後霊のように後ろに立っています 仕方なくベストポジションを譲る優しい髭のマスターである 
2017由布岳3.jpg2017薪ストーブ.jpg
こんな野乃花へいらっしゃいませんか
クリスマス、年末年始は日によってはまだ空室がありますよ
ホワイトクリスマス、おせち料理と楽しさ満載のこれからの野乃花です
まだご予定のない方は大歓迎です
お待ちしています
posted by オーナー at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

この冬初積雪です

今朝から小雪がぱらついていた塚原高原です
慌てて大分のトドのところへスタッドレスタイヤへの交換に行ってきた
というのもお寺さんへのお参りやその他の用事もあってのこと
朝はまだ積雪していなかったのであるがお昼ごろ帰ってみるとテラスと草の上にうっすらと積もっていた
初雪は11月の下旬ごろあったのであるが今回は初積雪といったところ
それでも道路は全然積もってなく湿っている程度であるが夜になると凍結する可能性がある
2017/この冬初積雪.jpg
これから寒い日が数ヶ月続きますが今から早く春がこないかなぁと呟いている髭のマスターである
どこか沖縄でも寒さを避けて出かけたい気分である
心臓の悪い人は本当に寒さ堪えるですね
そうなると薪ストーブの前でぬくぬくと冬眠生活と決め込んでいる
幸いにも先日福岡ジュンク堂で本を買い込んでいるし神様Hも少し持ってきてくれたし冬眠の準備はバッチリです
あとはハチミツを用意しなければ・・・・・?

そういえば神様Hは今日が誕生日だったね 
おめでとうございます
posted by オーナー at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

年賀状書きも大変です!

今年は例年よりも早く年賀状作りに取り掛かりました
宛名書きとその裏の印刷は終わったものの一言添え書きがなかなか大変で苦労しています
約700枚の年賀状の山は一向に減りません
宛名書きの時もふうふう言いながら書き続けてやっと終わったばかりなのですが今度は一言添えて出そうと頑張ることにしたためにこれが思った以上に大変である それでもお客様の顔を思い浮かべながら一行一行書き続けなんとか半分くらいまでは到着・・・しかし山登りならばこれからが大変まだまだ年賀状から解放されそうもありませんが山男ならここであきらめるわけにはいきません 必ず登頂してみせると靴紐を締め直すが如く意気込んでいる髭のマスターである
来年は戌年ということもあってリズムが大活躍の年賀状となっています
今年森の宿日記に掲載した写真を使いましたので日記をご覧になられているお客様は少し懐かしいかも・・・
2018の年賀状.jpg
さぁ!これから気合を入れて残りの年賀状作りに取り掛かろう
しかしこの単純作業が眠くなるのですよね
ちょっとだけ寝ようとして気がついたら夕刻ということもありました
今回はそんなことがないようにしなければと思っているのですが・・・・
完成した暁にはどなたかお疲れさん会で慰労してください

posted by オーナー at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする