2018年12月17日

クリスマス・年末年始は野乃花で過ごしませんか

IMG_0335.jpg
毎日こんな顔をして年賀状を書いています
もしかしてムンクのモデルは髭のマスターですか?と思われるほどです
毎年のことなのですが大変である
皆さんはもうお済みでしょうか
ムンクの叫びよりももっと迫力のある顔をして毎日を過ごしているあ・な・た!
その綺麗な顔が台無しですよ

さてさて、クリスマス・年末年始のご予定はもうお決まりですか?
少し空きが出ましたのでまだの方は是非いらっしゃいませんか
近場一泊で忘年会・新年会なんていうのもお洒落でいいかもね
お電話いただければ幸いです
美味しい料理とお酒をご用意してお待ちしています
posted by オーナー at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤坂・・・ちょっとだけうろうろ

この冬一番の寒さであった東京訪問の日
上野美術館巡りが精一杯の髭のマスターの体力
美術館巡りで疲れた後赤坂のホテルでお昼寝の後夕刻近くを漫ろ歩き
暖かそうな蕎麦屋さんが目に飛び込んできたので暖簾を潜った
常連さんと思しきお客が4組、熱燗を楽しそうに飲んでいる
う〜ん!
飲もうかなぁ・・・悩んだのであるが一人旅であるのでもし倒れたら面倒であるのでぐ〜と我慢した
えらい!
冷えた体には熱々の鴨なんそばが食べたかったのであるが口が勝手にざる蕎麦と・・・
新蕎麦だから正解である
考えてみるに昼食を食べてなかったので結局その後に鴨なんそばを注文した
壁のメニューを眺めていたら美味しそうなお品書きが目に飛び込んできた
メヒカリの一夜干し、がっこチーズの二品である
結局生ビールの小と気になった二品を頼んだ
さっきの『えらい!』は取り消しですね
ぷりぷりのメヒカリの一夜干しは甘塩でなかなかいける!
それに燻りがっこの上にチーズがちょこんと鎮座しているもう一品は絶品!
九州では食べることができない一品である
IMG_0337.jpg
もう少し先のTBSに近いところでショットバーを発見
中々感じの良さそうな店構えである
メニューの中にコーヒーというのがあったので入ることに決めた
福島県郡山出身の若いマスターが笑顔で迎えてくれた
そばを欲張ったので食後のコーヒもいいかな・・・
その上アルコールはドクターストップ状態であるし・・・
棚の上には錚々たるウイスキーの瓶が鎮座しているのがとても眩しい
でも強い意志で今回はじ〜と我慢の髭のマスターであった
偉い!
早い時間帯ということもあって結局他のお客はいないし少しおしゃべりをしてホテルへと向かう
地下鉄千代田線赤坂駅周辺の小一時間の散策でした
IMG_0338.jpg
おまけ・・・翌日帰りの新幹線の中からの富士山です

今回持参した文庫本は小路幸也さんの東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミーとシー・ラブズ・ユーの二冊であるが往路の新幹線の中とホテルで一冊と半分を読んでしまったのでおそらく京都もしくは大阪あたりで読み終えるであろう
昼食には東京駅で柿の葉寿司とお茶を買った
昼過ぎの読み終えたので上野の森美術館で買ったフェルメール最後の秘密を読み始めたがすぐに寝てしまった
小倉でソニックに乗り換えて夕刻別府駅に無事帰り着きました
めでたし・・めでたし
posted by オーナー at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

フェルメール展 30年振りの東京・・・

芸術の晩秋・初冬を満喫!

兄のお見舞いに千葉に行くことになった12月のある日
銀行員時代に三菱の研修に参加して以来となるので東京に行くのは実に30年振りのこと学生時代に4年間過ごしてからも『あれから40年・・・』ということになる
時は確実にそしてしっかりと流れていますね!
体調のことも考えて新幹線でゆっくりと行くことにした
早朝にすぐ上の兄と二人で別府駅を出発、小倉経由の新幹線のぞみ号で一路東京へ
学生時代は寝台特急(ブルートレイン)富士号で確か18時間くらいかかっていたように記憶しているから今回の6時間ちょっとという時間はやはり速いと思うけど飛行機の時代の昨今これもまた長く感じてしまうのだからいかに生活のペースが速くなっているかということであろう ブルートレインや急行高千穂号を知っている私でさえそのように感じるのであるから飛行機が当たり前の現代人は耐え切れないというかもしれませんね 途中駅弁を買って高いとか美味しくないとか言いながらそれでもみんな平らげてしまい、読みかけていた文庫本を富士山が見えるあたりで読み終えてなんだか旅に出ているのを実感することができたことも還暦過ぎのジジイであることの証明のように言われそうであるが言いたい人には言わせておけばいいと霊峰富士に向かって同意を求めている私がいる 2時半に東京駅に着き地下鉄と東武鉄道を駆使(?)して無事に野田市に着いたのは夕刻になっていた 
その日のうちに用事を済ませ翌日の早朝に兄を東京駅で見送り上野の美術館へと向かうことにする
美術館巡り三昧の1日となりそうである
IMG_0334.jpgIMG_0332.jpg
先ずは入場予約制限のあるフェルメール展・上野の森美術館へと足を向ける
この日は本当に寒く上野の森美術館へ着いたのが10:20分
上野公園はイチョウの木の紅葉と落ち葉が見頃であったがあまりの寒さに写真を撮ってすぐに美術館へと向かう
大分で入場予約券をゲットしていたのであるが既に長蛇の列ができていた
当日券を求める人たちもいたようですがこの寒い中大変そうである
今回のフェルメール展は『マルタとマリアの家のキリスト』『牛乳を注ぐ女』『ワイングラス』『リュートを調弦する女』『真珠の首飾りの女』『手紙を書く女』」『赤い帽子の女』『手紙を書く夫人と召使い』の8点が揃った奇跡のような作品展、その他にオランダ同時代の巨匠ハブリエル・メツーやピテール・デ・ホーホ、ヤン・ステーンなどのオランダ黄金時代の傑作39点計47点がたっぷりと楽しめる見ごたえのあるものであった これだけの作品展であるにもかかわらず予約入場制であるためゆっくりと心ゆくまで楽しむことができました
IMG_0330.jpgIMG_0318.jpgIMG_0321.jpg
フェルメール展を鑑賞した後あまりの寒さに公園内の喫茶店で黄色く敷き詰められたイチョウの葉を愛でながら飲んだ一杯のコーヒーの心温まる事この上なし その後東京都美術館でムンク展を鑑賞した 独特の色使いと構成に圧倒され続けながらもムンクといえば『叫び』でしょうが私の場合版画の作品に強い魅力を感じました 
IMG_0335.jpg
上野西洋美術館ではルーベンス展が開催されていましたが生憎10日(月)は休館日であったためにそれは諦めて上野公園を後にした髭のマスター、この日はこの冬一番の寒さで体力的にも既に限界であったためにそのまま赤坂のホテルへ引き返しそのままダウンするように寝込んでしまいました

久しぶりに東京は美術館三昧の旅となりました
posted by オーナー at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

2018秋よ!さようなら・・・

落ち葉の季節となってまいりましたね
またまた久々の投稿となりました
今年は何度このフレーズを使ったことでしょうか?

さてさて、野乃花の庭もいよいよ落ち葉の季節となってまいりました
ということは秋が過ぎ去ろうとしています
既に早朝は氷点下となることがあり霜柱に童心に戻ってザクザクと踏みながらその音を楽しむこともできるようになってまいりました
ゆく秋を惜しむかのように今回は野乃花の紅葉の最後の写真を掲載しますね
2018秋6.jpg2018秋7.jpg2018秋8.jpg2018秋9.jpg2018秋10.jpg
如何でしょうか?
気がつけば11月も下旬に差し掛かりなんとなく気ぜわしくなりつつありますがまだ12月があると思えばちょっとだけゆったりとした気分も味わっています その後からやってくる年賀状をはじめとする作業の数々のことを考えると冷や汗がたら〜りと落ちてきます

それでもできることをできるだけやって今年も乗り切ろうとしています
posted by オーナー at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

柿とドウダンツツジ

庭の50本のドウダンツツジが真っ赤に紅葉しています
陽当たりのようとこらから順次影へとその赤色が移っていきます
モミジの紅葉も綺麗なのですがこのドウダンツツジも負けず劣らず綺麗ですね
春には可愛らしい白いスズランのような花をたくさんつけます
その手前に小さな可愛らしい柿の実が熟れてきました
一昨年でしたでしょうか?
あまりにも実がならないので切り倒してしまおうかと呟いた途端に沢山の実をつけるようになったあの柿の木である
甘いのと渋いのが一本の木になり皮をむいて黒いゴマがふっていたら甘柿である
普通の甘柿よりも風味がよく美味しいですね
渋柿は干し柿にしたところあまりにも小さくて一口サイズとなってしまいました
2018ドウダンツツジ.jpg2018柿.jpg
最近はその柿をヒヨドリが狙っています
そろそろ食べごろとなったのでしょうか
ヒヨドリに負けないように先に収穫しなくてはと毎日数をチェックしている明美シェフである
posted by オーナー at 18:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする