2018年04月19日

サクラソウの花が見頃です

快晴の塚原高原からこんにちは
今野乃花では約二千本のサクラソウが満開となり見頃を迎えています
新緑の鮮やかな緑色の中一際優しいピンク色のサクラソウが見事ですよ
サクラソウの花を見ているとおしゃべりのお嬢様方が楽しそうにお話をしているといった感じですね
この機会にぜひ鑑賞にお出かけ下さい
美味しいお花見弁当をご準備してお待ちしています
2018サクラソウ1.jpg2018サクラソウ2jpg2018サクラソウ3.jpg2018サクラソウ4.jpg2018サクラソウ5jpg

近々阿蘇久木野窯展を開催予定です
また、4月22日(日)恒例の岩見淳三&YAYOIさんハートフルコンサートを開催します
posted by オーナー at 18:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

今年最後の枝垂れ桜・・・綺麗です!

いよいよ枝垂れ桜も今年最後の時期を迎えました
ソメイヨシノよりも先に咲き山桜、大島桜も散った今枝垂れ桜の花が満開となっています
可愛らしくて色も最初は濃いピンク色からうす紅の満開まで約二週間楽しむことができました
今朝の風で花びらが舞い始めました
そういえば今月の6日には遅い雪が降り雪と桜の競演を楽しむこともできましたね
18・最後のシダレサクラ1(1).jpg18最後のシダレサクラ2.jpgDSC_0143 (1).jpg
このブログを書いている間にも花散らしの風が時折吹いてきて花吹雪がとても幻想的に舞い散っていきます
その花吹雪舞い散る下には約二千本の日本桜草の花が見事に咲き始めています
サクラの花からサクラソウの花へとバトンタッチされようとしています
野乃花は春の花でいっぱいです
posted by オーナー at 06:09| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

マサトシェフのパスタ

ランチのメニューにマサトシェフのパスタが登場です
その時々によって内容は変わりますが今回は野乃花特性のケチャップを使ったパスタ
なかなか美味しかったですね
アメリカのkimさんの頂いたキングサーモンをふんだんに使っていていて味もグー!
先日のミートソースも美味しかったけれどもこれもなかなか捨てがたいものである
次は一体どんなパスタにチャレンジするのであろうか
考えただけでワクワクします
できれば美味しいチーズをふんだんに使ったパスタが食べたいなぁ
マサトシェフのパスタ.jpg
さてさて、雨らしい雨がなかなか降りませんね
庭も乾燥しきっていて砂埃か黄砂かわかりませんが口の中までザラザラする感じです
天気予報によれば明日は雨マークが付いているのですが今の所快晴の塚原高原である
一雨欲しいのは草花だけではなく人間も同じ気持ちのようである

こんな日はテラスに陣取ってビールを飲むのが幸せっていうもんですよね
posted by オーナー at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

繁桝とコゴミ・・・美味しいね!

八女の高橋さんから300年の伝統を誇る日本酒『繁桝』をいただきました
早速コゴミのくるみ和えでいただきましたが『美味しいね!』と唸るのみ
たくさん飲めない髭のマスターもついつい杯が進みました
勿論ぐい呑は川上さんの唐津焼である
これから山菜の季節、ちびちびいただこうと思っていたらいつの間にか空瓶が・・・
そういえば最近明美シェフが酒に目覚め調子に乗って飲んでいます
『あなたはまだ初心者マークだからこの酒でいい』とマサトシェフに言われています
その明美シェフがお客様に対して『焼酎はロックじゃなければ!』と豪語していてびっくりしました
美味しいね、繁桝.jpg2019コゴミ.jpg
ソメイヨシノも昨日の風で花吹雪となり枝垂れ桜や山桜が名残惜しそうに咲いています
桜の花も今週いっぱいでしょうか
その桜の木の下には約2千本の日本桜草が可愛らしいピンク色の花を咲かせ始めました
ぜひ見にいらしてくださいね
とても綺麗ですよ
posted by オーナー at 06:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

菜の花満開!

福岡・東京より美女5人が野乃花に集結した
二泊三日という旅行程で中日に国東半島をご案内した
豊後高田の真木大堂では親友W氏に無理を言ってご案内と解説をお願いした
約一時間の名解説に一同感慨深げにご満足の様子、素朴な風景と親切な人々、飾りのない本物の歴史、それらを日々の生活の中で守り続けているW氏をはじめとする国東の人々との会話と古より受け継がれているこの空気感全てに『生きる』という人間本来の姿が感じられユネスコの世界農業文化遺産に指定だれただけのことはあると納得のご様子
その後昭和の町へ回り、『そば処 ゑつ』でせいろそばをいただく さらに国東半島を東へ進み長崎鼻に菜の花を見に行った ぽかぽか陽気の春の青空とどこまでも続く黄色一色の菜の花畑のコントラストが素晴らしい ここでも一同大満足
昭和の町で買った12個200円の紅八朔を海沿いベンチでいただきながら『大分はいいわねえ!』と会話も弾む、弾む
それでは長崎鼻の菜の花畑をとくとご覧あれ
長崎鼻菜の花1.jpg長崎鼻菜の花2.jpg長崎鼻菜の花3.jpg長崎鼻菜の花4.jpg長崎鼻菜の花5.jpg
いかがでしょうか
素晴らしいでしょう!
まだまだ綺麗ですのでお時間のある方は是非オススメです

♫菜の花畑に 入日薄れ
見渡す山の端 霞深し♫
夕刻にもう一度言ってもいいかなと思っている髭のマスターである

因みに美女5名の年を合わせると450歳 
真木大堂の仏様たちもこれくらい前に作られたのであろうか
国東半島もすごいけれども彼女等のパワーも凄い
posted by オーナー at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする